弁護士と検事の違い

検事と弁護士は、同じ裁判所での業務がある為、同じように思われている部分もありますが、検事と弁護士には明確な違いがあります。
しかし、その違いについて詳しく理解していない方がとても多くなっているので、このページでは弁護士と検事の違いについてご紹介します。

弁護士と検事が同じように見えている原因として思いつくのが、両方とも法律を守るための仕事という点だと思います。
裁判において重要な位置にいる所も似ているので、間違い安いと思うのですが、基本的に弁護士と検事は対立する立場になっている事が多くなっています。

検察官は、刑事事件にしか登場しません。
例えば離婚訴訟などの場合には、弁護士しか登場しない事になります。
また、検事になり弁護士の特徴としましては、依頼者の味方になってくれるという事です。
社会的に弱い立場にある人を、自分の知識で助ける事も出来ますし、加害者に寄り添い、求刑を軽くするように力添えをする事もできます。
検事はあくまでフラットな考え方で、起きた事件を捜査し、起訴するか不起訴にするかを考える事が仕事です。
起訴、不起訴に関しては個人的な感情は関係ありません。
あくまで第三者的な判断で行われます。

しかし、弁護士と検事に関して似たような部分も多く、はっきり認識できていない方が多いのも現実です。
そこでこのサイトでは、弁護士の仕事と検事の仕事について大まかな内容をまとめてみましたので、これから弁護士を目指す方などは特にチェックし、参考にしてみてください。